• 文字色
  • 文字サイズ

トップ > お知らせ > 2020年 > 清里町診療所貸与者(開設者)を公募します

清里町診療所貸与者(開設者)を公募します

清里町では令和3年4月1日からの診療所貸与者(開設者)を次のとおり公募します。

診療所貸与者(開設者)募集要項PDFファイル(252KB)

診療所貸与者(開設者)募集要項

1.貸付施設の概要

(1)貸与期間 令和3年4月1日~令和6年3月31日までの3年間

(2)名称   清里町診療所

(3)所在地  斜里郡清里町羽衣町35番地35

(4)施設概要(診療所)

        貸与方法    診療所、敷地、医療機器無償貸付

        敷地面積    1,447.79㎡

        建物の概要   鉄筋コンクリート造 平階建て 平成12年度供用開始

        診療所面積   1,114.73㎡

        病床数              19床(現在休止中、再開協議)

        診療科目    内科必須(内科以外の併設可)           

(5)付帯施設    車庫・物置、駐車場(10台、共用23台)、自転車置場、

                  医師住宅1棟(敷地内)

(6) 診療棟        診療室(2室)、処置室(2室)、X線TV室、X線操作室、

                        暗室、CT室、薬局調剤室、

                        薬品庫、検査室、機能訓練室、事務室、待合室、

        病室4人部屋3室(36.40㎡)、2人部屋2室(20.15㎡)、

                           1人部屋3室(20.40㎡)

        ナースステーション、静養室、食堂、談話室、浴室、

        特殊浴室、院長室、職員休憩室、

        職員更衣室、職員トイレ、職員浴室、洗濯室、

        リネン庫、書庫、物品庫(2室)

(7) 医療機器等  別紙のとおりPDFファイル(143KB)

(8) 院外調剤   調剤薬局隣接 

2.応募資格等

令和3年4月1日までの許認可が見込まれる医師及び法人等であって、(1)(2)の条件をいずれも満たす者とする。

(1)次のいずれかに該当する者

① 医療法第31条に規定する者及び第39条第2項に規定する医療法人

② 社会福祉法第22条に規定する社会福祉法人のうち病院又は診療所を開設している者

③ 次の規定による法人のうち、病院又は診療所の運営を目的とする者

ア 一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(平成18年法律第48号)の規定による一般社団法人又は一般財団法人(法人税法第9条の2に規定する非営利型法人に限る。)

なお、平成5年2月3日総第5号・指第9号健康政策局総務課長・指導課長連名通知に定める「医療機関の開設者に関する確認事項」について別途確認する。

イ 公益社団法人及び公益財団法人の認定に関する法律(平成18年法律第49号)の規定による公益社団法人又は公益財団法人

④ 医師法第2条に定める医師

(2)次のいずれにも該当しない者

① 租税公課を滞納している者

② 会社更生法、民事再生法、破産法等による手続きを行っている者

③ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条に規定する暴力団及びその利益となる活動を行う者

(3)その他

①診療所貸与者(開設者)の応募にあっては、医師(個人開設の場合は院長)は本町に居住し直接医療従事者として地域医療の提供が図られるものであり、個人開設の場合は院長、法人の場合は理事長及び医師である理事は、医師法、医療法等の関係法令を遵守していること。また、院長は相当期間(概ね3年間)固定し、休日等に代替え医師の派遣を受ける体制があること。

②診療所の利用にあたって、信条、性別、社会的身分、年齢等により合理的な理由なく利用を制限し或いは一部負担金を減免する等不当な差別的な取り扱いがないこと。

③医療に従事する資格職及び医療に関する知識と経験を有する必要職員の確保並びにその職員が町内に定住する見込みがあること。

④救急医療、近隣医療機関、医師会、社会福祉施設、調剤薬局、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所等との連携が図られること。

⑤診療所貸与者(開設者)の可否等を含む最終決定は、清里町議会議決後に決定になることを了承のこと。

3.開設者が行う業務の範囲

(1)安心・安全な1次医療の提供に係る診療等に関する業務(必要職員の確保を含む。原則医師他のスタッフの清里町居住)

(2)施設及び設備の維持管理に関する業務(光熱水費、住宅費等の実費相当額の負担含む)

(3)清里町が実施する各種施策(健康診査・予防接種・学校検診等及び事業所検診等)の連携・協力

(4)救急医療、近隣医療機関、医師会、社会福祉施設、調剤薬局、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所等の医療・保健・福祉等の関係機関との連携・協力、災害発生時の緊急対応

(5)学校医、保育所等の嘱託医、職場等の産業医、福祉施設等の協力医等の受託

(6)医療における安全管理の徹底と医療事故等への対応

4.診療所適正運営の支援等

(1)診療所の適正運営のため経営安定支援として年2千5百万円を上限に支援を行う。

(2)診療に必要な医療機器は原則、町が購入するが十分に事前協議を行う。

(3)診療所の契約内容の変更や非継続にあたっては清里町、応募者どちらかの申出により原則1年前、遅くとも半年前より誠意を持って協議することを条件とする。

(4)診療所貸与者(開設者)が個人契約となった場合、契約期間内に法人化し指定管理者制度への移行等、契約内容等の変更については条件により協議する。

5.応募に係る提出書類

(1)本募集要項を了承の上、応募される方は、下記の書類を提出のこと。

(法人の場合)

診療所開設申請書ワードファイル(242KB)(医療法施行細則(昭和46年北海道規則第84号)別記第1号様式)

(個人の場合)

診療所開設届ワードファイル(188KB)(医療法施行細則(昭和46年北海道規則84号)別記第6号様式)

(2)上記の添付書類

①開設者及び管理者の履歴書、医師の免許証及び臨床研修修了登録の写し

②診療に従事する医師の免許証及び臨床研修修了登録証の写し

③法人等の場合、定款、履歴事項全部証明書、法人決算報告書(3カ年分)

④法人税及び消費税等に未納がないことの証明書

⑤法人等の組織、運営方針、事業内容等の概要がわかるもの

⑥個人は住民票、所得税及び消費税の未納がないことの証明書

⑦貸与を受ける診療所の事業計画書(任意様式)

⑧法人等の場合、診療所開設後2年間の予算書(法人全体分及び診療所分)

⑨法人の場合、役員の履歴書

⑩その他、応募者が必要と思われる書類

(3)提出書類については選考の可否を問わず返却しません。

6.募集のスケジュール

(1)申込書の受付(郵送可)

①受付期間:令和2年10月1日(木)~令和2年11月13日(金)17時必着

 (上記期間のうち土日祝祭日を除く8時15分~17時とする)

②提出場所:

〒099-4405 北海道斜里郡清里町羽衣町35番地 清里町保健福祉総合センター内 清里町役場保健福祉課 宛

電話0152-25-3850、fax 0152-25-2137

(2)書類審査:役場内選考委員会により11月17日(火)実施予定

(3)ヒアリング審査:応募者面談によるヒアリング審査を11月24日(火)実施予定

※正式なヒアリング日程は後日応募者に通知する。

(4)選考可否の通知:選考結果による決定の可否については、審査終了後郵送にて通知する。審査結果に対する質問は受け付けない。

7.質問の受付

申請書類や詳細な内容については、清里町保健福祉課まで文書(様式任意)にて問い合わせのこと。電話での回答は致しません。

なお、回答に時間を要する場合を考慮し質問の受付を10月30日(金)までとする。

●封書の場合:

〒099-4405 北海道斜里郡清里町羽衣町35番地 清里町保健福祉総合センター内 清里町役場保健福祉課 宛

●Faxの場合:0152-25-2137

●mailの場合:g-hoken@town.kiyosato.hokkaido.jp

お問い合わせ先

清里町役場保健福祉課保健グループ
〒099-4405 北海道斜里郡清里町羽衣町35番地
電話:0152-25-3850 FAX:0152-25-2137